製造工場からお客様へ直送することで他社バラ肥料の3分の1の価格に抑えました。この肥料よりお安いバラの肥料はどこを探されても存在しません。
有機肥料「ばら専科」

うどんこ病・黒点病に負けてしまったバラが回復!キトサン活力液

横線

ホームページ一覧




キトサン活力液「私のバラは超元気」

自信をもっておすすめします。


リスク


 健康を失ったバラに
 
寿バイオ製造  バラ切花・苗生産農家向き
   もちろん趣味のバラ栽培にも使えます。
  • うどんこ病・黒点病に負けたバラに!キトサン活力液「私のバラは超元気」で回復が期待できます。

    活力効果がとても強く、バラをびっしりと咲かせたい・シュートを出したいときに与えるとよい成果が期待できます。

  • ご注意ください。
  • no1農薬を使用している方が急に農薬を止めるのはとても危険です。キトサン活力液「私のバラは超元気」を施しつつ1年間は農薬も併用しましょう。農薬から徐々に撤退してください。
  • no2キトサン活力液「私のバラは超元気」は肥料ではありません。別に肥料が必要です。


切花用バラ栽培農家様の<水耕栽培・ロックウール栽培>では1万倍でお使い下さい。
趣味のバラ栽培では2,000倍に薄めてお使いください。



チェックポイントご購入の目安

500cc1本でバラ35株の1年分となります。 バラ12株なら3年分の使用量です。(効果有効期間は3年です。)
.


販売価格表



ショッピングカート



バラ栽培お買い得品

      お買い得セットコーナへ


キトサン活力液「私のバラは超元気」

自信をもっておすすめします。


500cc×1本   4,500円(送料無料)

※キトサン溶液「ばら専科」3リットルに相当します。キトサン溶液「ばら専科」3リットルより1、200円もお得になります。
※バラ35株の1年分となります。 バラ12株の方なら3年分となります。(有効期間は3年です。)


500cc×2本   8,000円(送料無料)

※キトサン溶液「ばら専科」6リットルに相当します。キトサン溶液「ばら専科」6リットルより1,600円もお得になります。
※バラ70株の1年分となります。 バラ24株の方なら3年分となります。(有効期間は3年です。)


500cc×3本   11,500円(送料無料)

※キトサン溶液「ばら専科」10リットルに相当します。キトサン溶液「ばら専科」10リットルより2,300円もお得になります。
※バラ105株の1年分となります。 バラ35株の方なら3年分となります。(有効期間は3年です。)



おすすめします キトサン溶液「ばら専科」 
4リットル容器入り    20,000円(送料無料)

※キトサン溶液「ばら専科」20リットル+5リットルに相当します。キトサン溶液「ばら専科」20リットル+5リットルより5,160円もお得になります。 ※バラ280株の1年分となります。 バラ90株の方なら3年分となります。(有効期間は3年です。)


☆切花用バラ栽培農家様の活力液栽培用<水耕栽培・ロックウール栽培>
キトサン溶液厚手ビニール容器入り


商品名の表示は「キトサン」となります。 受注生産のため受注日より8日後の納品となります。
10リットル容器入り  42,000円(送料無料)
 .
20リットル容器入り  80,000円(送料無料)

☆☆代金引換えの扱いはできません。郵便にて請求書と振替用紙をお送りします。

インターネットお買い物コーナへ



フリーダイアルからのご注文は

フリーダイヤル 

. . . ファックスからのご注文は

ファックス用紙印刷


資料請求 
資料請求お待ちします



花 ロゴうどんこ病・黒星病(黒点病)の農薬はたくさんあります。安全性が高いと称していてもまさかお庭で遊んでいる幼児のすぐ横では散布できないでしょう。

キトサン活力液「私のバラは超元気」はそれらとはまったく違っています。
  • 原料は食品のキトサンと酢酸(お酢)。原液の中に手を入れても、散布の際の霧を吸い込んでもぜんぜん平気。
  • 住宅密集地
  • ぜん息、アトピー、化学物質過敏症
  •      だから農薬散布が困難....そのような方でもお使いいただけます。
  • 保護用の帽子・メガネ・マスクは一切無用です。

  • 散布液がペットにかかってもまったく安全なのでペットが庭先でお遊び中でも散布できます。
    .


花 ロゴバラは根が命。2,000倍液を月2回土に灌水すると根が発達し体力の強い樹体が作られます。びっしりと咲かせたい・シュートを出したいときに与えます。

  • キトサン活力液「私のバラは超元気」の発根効果・伸長効果により根張りが良くなります。例えば芝生に2,000倍を月2回ほどこすと根の量は2倍になります。キトサン活力液「私のバラは超元気」は芝生にも使えます。


花 ロゴ根を病気から守ります。地上部の成長が順調になります。

  • バラは病気に感染した根の回復のため栄養(糖)の4割を費やすとされています。
    根が病原菌に感染するリスクが下がると貴重な栄養(糖)は地上部の成長に回せます。
    地上部の成長が順調になります。
  • 放線菌放線菌

  • 放線菌をご存知ですか。病院に行くと抗生物質入りのお薬をいただくことがあります。実は抗生物質を作るのが土の中の放線菌です。

    抗生物質とは自分以外の細菌を撃退する物質のことです。たとえば、結核の治療薬として多くの人命を救ったストレプトマイシンもその一つです。

    キトサン活力液「私のバラは超元気」を土に与えましょう。キトサンが放線菌のエサになり放線菌が猛烈に増えます。

    放線菌は大量の抗生物質を分泌します。その抗生物質によりフザリウム菌群・ピシウム菌群・リゾクトニア菌群・リゾクトニアソラニ菌群・フザリウムソラニ菌群・フザリウムロゼウム菌群の病原菌とセンチュウ類が殺菌されます。

    植物病害菌の実に75%が放線菌で処理されます。

    キトサン活力液「私のバラは超元気」を土に与えることで、バラの根が病気とネコブセンチュウに害されるリスクが下がります。

    葉に散布すると葉の上でも放線菌が増えます。うどんこ病・黒点病(黒星病)のリスクが下がります。



キトサン活力液「私のバラは超元気」はバラ周辺の草花にも使えます。

 クレマチス  クリスマスローズ
 クレマチス  クリスマスローズ





希釈法

きわめて濃度が高いのでスボイドにて正確に測ってください。
2リットルの水にキトサン活力液「私のバラは超元気」1ccが基本です。(2,000倍液)

その1  土へ灌水します。 (3月~11月)

no1 花がたくさん咲きます。四季咲きバラは四季咲き性が強くなります。
no2  シュートがよく出ます。枝(シュート)となる芽がよく発達するからです。
no3 土壌灌水するとバラの根が発達、体力の強いバラに育ちます。土の中では殺菌力の強い放線菌が増え土壌病原菌を抑制します。


地植えのバラ

2,000倍液を 大型のハイブリット・ティーとツルバラには 1.5リットル
フロリバンダと小型のハイブリット・ティーには 1リットル
小型のバラと幼株には  0.5リットル


月2回 土へ施しましょう。


鉢植え・プランター植え

鉢植え・プランターでは、2,000倍液を月2回鉢土へ灌水します。鉢底から流れ出たら止めましょう。




その2 葉面散布をします。(3月~11月)

地植え・鉢植

うどんこ病、黒点病、灰色かび病、べと病、さび病に負けない体力がつきます。 2,000倍液を7~10日間隔で葉面散布します。 このときアグリチンキ36を混合するとキトサン活力液「私のバラは超元気」単独より病気からの立ち直りは早まります。




その3 移植・定植には (地植え・鉢植)

移植・定植の当日はたっぷりと水をほどこし根をおちつかせます。その翌日に....キトサン活力液「私のバラは超元気」の2,000倍液1リットルを1株にあたえます。


その3 挿し木に

キトサン活力液2000倍液を水の代わりに灌水します。ただし3回だけ。さし木日当日・10日目・20日目。すばらしく発根します。
これ以外の水やりは水のみでしましょう。



ご使用上の注意点


〇キトサン活力液「私のバラは超元気」と他の資材(農薬等)との混合はなさらない方がよいと思います。
ただしニームオイル・アルム凜・アグリチンキ36との混合は可能です。


キトサン活力液「私のバラは超元気」とアルム凛またはアグリチンキ36との混合液の散布・土壌への灌水により、ほとんど農薬を散布しなくてもすむ場合もあります。減農薬に大いに貢献します。ご期待ください。 

混合液の作り方

 2リットル
アグリチンキ36  2cc
キトサン活力液
「私のバラは超元気」
 
1cc
この液にアルム凛も混入できます。2ccをお入れください。





切花用バラ栽培農家様の活力液栽培<水耕栽培・ロックウール栽培>

  • 水中にて1万倍になる様に投入してください。(週に1回)
  • 2,000倍液を7~10日間隔で葉面散布します。


バラ栽培農家様へ農薬混合時の注意事項

☆☆☆家庭バラ栽培家にはお勧めしません。☆☆☆

  • ●本品はPH5~5.5です。

    ●アルカリ性農薬との混合は避けてください。(有毒ガスが発生する恐れがあります) 又、酸性農薬との混用はPHにご注意下さい。

    ●混用される場合は先ずキトサン活力液の2000倍希釈液を作ります。よく混ぜて均一の液となっていることを確認してください。

    それからその中に農薬を入れるようにしてください。農薬を先に希釈してからだと、キトサン活力液が農薬と反応して凝固することがあります。

    ●原液どうしを直接混ぜないでください。凝固する場合があります。




ご質問歓迎 電話お待ちしています。

フリーダイヤル
  0120-800-615
       
  清水園芸店
 



横線

最後までお読みくださいましてありがとうございます。

ホームページ一覧







会社案内