バラにリン酸を効かせる最短の方法リン酸液肥。うどんこ病・黒星病対策にも有効。

横線

ホームページ一覧


バラをたっぷりと咲かせたい、シュートを出したいのなら...
簡単です。
「カルクイック」を葉にスプレーするだけ。

「カルクイック」はとうどんこ病菌・黒点病菌などが高pHが苦手な菌の繁殖を抑えます。



バラ・クレマチス・クリスマスローズ・草花・野菜・果樹共通商品

リン酸液体肥料


カルクイック    チッソ 0%
く溶性リン酸  5%
水溶性カリ 0.1%
カルシウム 7%

品質保存期間
  • 直射日光を避けていただければ5年以上保存しても効果は維持されます。




リン酸はバラの枝,葉,つぼみ,花の発育に欠かせない成分です。リン酸不足が起きるとバラは咲かなくなります。シュートも出なくなります。

水溶性マグネシウム


花が少ない・シュートが出ないときにはリン酸液肥を葉に散布しましょう。
  • バラ栽培家はバラ用肥料をたっぷりと施します。
  • それでも花が少ない・シュートが出ないとお悩みの方がいらっしゃいます。

  • リン酸液肥を葉と枝に散布しましょう。リン酸吸収力は根に匹敵します。
    これが早期に花をびっしりと咲かせる・シュートを出させる秘訣です。


 
病気対策も兼ねてリン酸を補給したいときには「カルクイック」をお選びください。
「ファーメント」は美しく鮮やかな花を、大きくたくさん咲かせることに特化したリン酸液です。




カルシウム欠乏症による諸症状を軽減します。


トマト、ピーマン(尻腐れ軽減) キャベツ、レタス(芯腐れ、縁腐れ軽減) 
大根、カブ(赤芯症軽減) きゅうり、ジャガイモ(褐色芯腐れ症軽減)
ブロッコリー(花蕾腐敗病軽減) あらゆる果実の着色促進
葡萄。特に大粒系(脱粒軽減による秀品率アップ)  りんご(果面保護による秀品率アップ) 
梨 (落下果樹とみつ症の軽減)  さくらんぼ(うるみ果軽減) 
菊、ユリ(葉やけ軽減)   



ご注意ください。
  • 「カルクイック」はあくまでも補助肥料です。これだけではバラは育ちません。






販売価格表


バラの資材は後払いで

ショッピングカート

 

カルシウム・リン酸液肥「カルクイック」


2kg   4400円(送料無料)







フリーダイアルからのご注文は

フリーダイヤル

ファックスからのご注文は


ファックス用紙印刷






カルシウムで葉や枝を被覆(コーディング)。
うどんこ病菌・黒点病菌などが高pHが苦手な菌の繁殖を抑えます。

うどんこ病   黒点病
 うどんこ病  黒点病

植物の細胞を引き締め、強化し病気にかかりずらくし、発症した病気の感染拡大を防止します。
野菜や果実の尻ぐされや、腐敗果の減少にも効果的です。

  • (1)高pH(アルカリ性)化した葉や枝に接触した病原菌たちは細胞膜が壊れてしまいます。生きていけなくなります。
  • (2)うどんこ病・黒点病・ベト病などの糸状菌と呼ばれるグループの菌は高pHが苦手。
  • バラを害する病原菌のほとんどは糸状菌と呼ばれるグループに属する菌なので高pH(アルカリ性)化した葉や枝を敬遠します。


葉先がカールしたり、ちぢれたり、枯れたりするのは体内カルシウムの欠乏が原因です。
体内のカルシウム濃度が下がると病気に抵抗力がないひ弱なバラになります。

  • カルシウムは土の中にも多く含まれていますが、ほとんどがバラが吸収できない難溶性カルシウムです。
  • 即効性の水溶性カルシウム資材「カルクイック」をほどこして細胞壁を丈夫にし病害虫に強いバラを作りましょう。
  • ※葉先がカールしたり、ちぢれたり、枯れたりする現象は水不足・肥料のやりすぎ・高濃度な農薬散布でも起きます。

  • スイートコーン  Bull whip症(葉が展開しないで鞭状となる→枯死) 
     リンゴ 苦痘病(ビターピット) 
     カンキツ  浮き皮
     イチゴ 葉縁の枯れと芯葉のチップバーン 
     メロン  発酵果
     スイカ  発酵果
     トウガラシ属  尻腐れ
     トマト  尻腐れ病、チャック、窓あき
     ナス  尻腐れ病
     ウリ類  肩こけ果、変形果。
     キャベツ 芯腐れ、縁腐れ。 
     チンゲン菜  心腐れ、縁腐れ。
    ハクサイ   緑腐れ症、芯腐れ
     レタス  緑腐れ症、芯腐れ
     セロリ  発育不全、特に中央の葉で発育は止まる。芯腐れ
     タマネギ  芯腐れ
     ニンジン  キャビティースポット 空洞果
     大根  す入り、赤心・サメ肌・芯腐れ
     ダイコン、カブ等  心腐れ
     サトイモ  芽つぶれ症
    キュウリ  新葉部分の生育がピタリと止まり壊死する。
    葉の表面にプツプツと白い斑点状の症状が出る。
    落下傘葉・くくれ果
     花卉  葉先枯れ
     ブロッコリー 空洞軽減・花蕾腐敗 
     ネギ 葉先枯れ 
     ミニトマト  芯どまり・裂果




【使用法】

  • バラには冬季を除き500倍~1000倍液を7~10日間隔で 葉と枝に散布してください。
  • カルシウム欠乏症による諸症状を軽減するために土壌への灌水も効果的です。500倍~1000倍液で行ってください。

    葉と枝の両方に散布して下さい。そうしないとカルシウムは全身に移動しません。葉への散布だけではカルシウム効果(あらゆる病気への抵抗力強化)は少ないのです。

    カルシウム成分は沈殿します。よく振ってからご使用ください。

    花に散布しないように...変色・退色するかも。



【ご注意ください】


  • 「カルクイック」単独で散布してください。他の資材との混用はおやめください。



    農薬と混用時の注意事項
    〇銅剤との混用はさけてください。
    〇石灰硫黄合剤と混用すると有毒ガスが発生します。危険なので混用しないように。



ご質問歓迎 電話お待ちしています。
フリーダイヤル  0120-800-615
       
  清水園芸店
 



横線

最後までお読みくださいましてありがとうございます。



ホームページ一覧



会社案内