製造工場からお客様へ直送することで他社バラ肥料の3分の1の価格に抑えました。この肥料よりお安いバラの肥料はどこを探されても存在しません。
有機肥料「ばら専科」

バラのための有機石灰「貝化石」

横線

ホームページ一覧



気が付かないうちに進行する土の酸性化。
貝化石を施しましょう。

土が中性になるとリン酸の効きは良くなります。
花の少ないバラ・シュートの出が悪いバラが改善されます。




 貝化石はバラの有機石灰

花が咲かない・シュートが出ないのなら土が酸性になっている可能性があります。

酸性土ではリン酸の効きが極端に低下します。
花が咲かない・シュートが出ないのはリン酸が効いていない証拠。

酸性土では根を傷める物質「アルミナ」が土から溶け出します。
根が傷みバラは急速に老化してしまいます。


バラは土がよければ1,000年でも生きます。
日本の最高齢のバラは江戸時代に植えられたモッコウバラです。

バラが古くなったから勢いがなくなったとお嘆きのあなた。
土が酸性になっているかもしれません。


バラは酸性土では生きていけません。Ph(ペーハー)が5.5~6.5の間で生きる植物です。

有機石灰「貝化石」を施して土のPh(ペーハー)を5.5~6.5の間に保ちましょう。








貝化石貝化石
(商品名 シェルベスト)





販売価格表




ショッピングカート


  有機石灰「貝化石」

20kg  2400円(送料無料) 
    
☆☆代金引換えの扱いはできません。郵便にて請求書と振替用紙をお送りします。
日曜・祝日の配達はできません。☆☆

  販売は本州・四国・九州に限らせていただきます。
  北海道・沖縄・離島には販売いたしておりません。







インターネットお買い物コーナへ



フリーダイアルからのご注文は

フリーダイヤル 

ファックスからのご注文は  

ファックス用紙印刷







ケイ酸が不足している土壌ではうどんこ病・根ぐされ等の病害に対するバラの抵抗力が低下します。
ヨーロッパではキュウリ・イチゴ・トマト栽培農家の60%、バラ栽培農家の30%が「貝化石」石灰などのケイ酸入り資材を用いています。
貝化石にはケイ酸が20%も含まれています



うどんこ病

うどんこ病の発病状況を調査しました。ケイ酸無施用区では日数の経過とともに病気が拡大したのに対し、ケイ酸質肥料施用区の発病は低いレベルに抑制されました。また、うどんこ病が転移することも少なく、(中略) うどんこ病に対するケイ酸質肥料の効果は、植物体の表皮組織が強化されることで病原菌が内部に侵入するのを防ぐことによると考えられます。

     出典 島根県農業技術センター

 www.pref.shimane.lg.jp/nogyogijutsu/seika/seikajouhou/071.html


「ケイ酸」が不足すると発生しやすいとされている病害



バラ
    うどんこ病・根ぐされ
イネ
   いもち病、紋枯病、ごま葉枯病、小粒菌核病、葉鞘褐変病、イネの倒伏
小麦・大麦
   うどんこ病
ブドウ
   うどんこ病
キュウリ
   うどんこ病、つる割病、褐斑病、根腐病、、萎凋病
マスクメロン
   うどんこ病、つる割病
ペポカボチャ
   うどんこ病、つる割病

イチゴ
   うどんこ病、萎黄病、芽枯病
トマト
   うどんこ病、萎凋病





有機石灰「貝化石」に豊富に含まれているケイ酸は、日光を集めるガラスのレンズの役目をします。
日光を集める機能が高まります。

若干日当たりが悪い場所で栽培しているバラに適します。





有機石灰「貝化石」はミネラル不足による障害を防止します。

バラのクロロシス

しばしば発生するクロロシス(葉緑素が作れなくなり葉が白っぽくなる症状)。
ミネラル不足でもおこります。


ミネラル不足による障害とは.

〇葉の一部分が黄変。ハダニの被害にそっくり
〇葉が縮れたり巻いてしまったり。モザイク状の斑点がでたり
〇葉の縁が茶色く変色し、次々と落葉.〇葉がカサカサに .
〇蕾が咲かずに枯れる .
〇トマト・ピーマンなどでは尻腐れ.
〇ぶどうの花振い、梅のヤニ果、梨のユズハダ、大根の鮫肌、、ブッロコリの黄化など .
〇柿やブドウなどが、落花したり、せっかくの果実が落ちてしまう .
〇果実の実が石のように固い.
〇トマトの葉の周辺が黄色くなる.
〇レタスの縁腐れ症や心腐れ症
〇メロンの葉枯れ症.〇キュウリの白変葉

貝化石石灰にはカルシウム、マグネシウムなど海のミネラルが豊富なのでこれらの生理障害を防ぎます。


有機石灰「貝化石」をご使用のときは石灰・苦土石灰は無用です。

〇貝化石は苗の植え付けと同時に施すことが可能です。
〇肥料や堆肥と同時に施すことが可能です。
〇与えすぎたとしても害は特にありません。


成分

貝化石
 チッソ  0.2% 
 リン酸  0.8%
 カリ  0.4%
 石灰  38%
 苦土(マグネシウム)  1.5%
 ケイ酸(珪酸)  21%
 マンガン   0.2%
 鉄  1.0~1.5%
 ほう素  70PPM

この他、天然の腐植酸、モリブデンなどがバランスよく含まれています。
塩分は含まれていません。



農業での使用法

貝化石


家庭園芸での使用法
土壌酸度計測器やリストマ試験紙などで土壌のPHの検査を行ったときには
      土壌PH / 1坪あたり散布量 g 
5.5以下 5.5~6.0 6.0~6.5 6.5~7.0
1000g 700
~1000
400
~700
200
~400

土壌のPHの検査を行ったときにそのつど施します。


それ以外のとき


○地植えのバラには、10月末のころに有機の石灰 「貝化石」 を1株につき 100g~200gほどこします。
 幼苗 あるいは小型の地植えバラの場合 この半量で十分です。

○その他の植物には 1m2当り 100~200gを土に混ぜます。年1回でよいでしょう。

○10号(直径30㎝)鉢 あるいは 65cmプランターでは20~30gを土に混ぜます。年1回でよいでしょう。



ご質問歓迎 電話お待ちしています。
フリーダイヤル  0120-800-615
       
  清水園芸店
 


横線

最後までお読みくださいましてありがとうございます。

ホームページ一覧








会社案内